Updated on 2019-10-01 (火) 16:33:17 (180d)
top.png

講義概要

開講2019年度前期、必修
対象昼間コース:金曜4限、担当:長(A班)、梅津(B班)
フレックスコース:水曜7限、担当:梅津
 

ソフトウェア開発環境のインストール

  • MinGWの準備(Windows10用、図解)
    • 後期のプログラング演習IIでも、演習Iと同一の開発環境(MinGW)を用います。 他学科、過年度の学生など、前期の演習Iを履修していない学生が演習IIに参加する場合には、事前にMinGWのページを参考にインストール作業を完了しておいてください。

printf()関数でlong double型を表示するとき

  • 講義で用いているMinGWでlong double型の値を表示するときは
    1. printf()関数で %Lf と指定する(Lだけ大文字)
    2. コンパイルコマンドに -ansi を加える
    ことで対処してください。
  • つまり、
    long double pi = 3.14;
    などとなっているとき、プログラム内では
    printf( "pi=%Lf\n", pi );
    と書き、コンパイル時には
    gcc -Wall -ansi -o test.exe test.c
    とコマンドを入力します。

テキストエディタ

  • TeraPad
    • https://tera-net.com/library/tpad.html
    • 上記ページより「tpad109.zip (539KB)」をダウンロードして用いる。
    • 保存したら、tpad109.zipの上で右クリックのメニューで「すべて展開」し、できたterapad.exeを実行する。